利尻ヘアカラートリートメントの実験|放置時間で染まり具合・色みは変わるのか

人毛白髪の毛束

利尻ヘアカラートリートメントを使って、

  • 10分置いて流したもの
  • 30分置いて流したもの

と2パターンで染めてみて、「白髪の染まり具合」がどう変化するかという実験をしてみました。

 

今回染めるために使ったものは

  • ブラック
  • ダークブラウン
  • ライトブラウン
  • ナチュラルブラウン

の4色で、販売されている全ての色になります。

 

染まり具合を見るために「人毛白髪の毛束」を使ったので、

  • 仕上がりの色は「実際に自分の頭に塗ったときと同じ」

と、染め上がりのリアルな色みが分かるようになっています。

利尻ヘアカラートリートメントを塗れた毛束に塗る

白髪の毛束を水で濡らしてから、余分な水分をふき取ってあります。

普段利尻を利用する方がシャンプー後に塗るときぐらい濡れている感じですね。

塗りムラができないようにベッチャリ塗ってみました。

10分間置いた後に水で流して第一実験が終了です、後半に結果を載せています。

ちなみに、左から「ブラック・ダークブラウン・ライトブラウン・ナチュラルブラウン」ですが、薬液の色自体は全部おなじに見えます。

続いて、同じように各トリートメントを毛束に塗って、次は「30分間」置くようにします。

同じように水で流して、色がついた汁が出なくなってからドライヤーで乾かしました。

利尻ヘアカラートリートメントの実験結果!

rishiri-10-30

※左から「ブラック・ダークブラウン・ライトブラウン・ナチュラルブラウン」

下が最初に10分間置いて染めたもので、上が30分間置いて染めたものです。

どちらも毛束を濡らした状態で染めてみました、ほとんど染まり具合に違いはないですね。

どっちが30分置いたほうか分からないぐらい、10分間でもキレイに濃く染まるということが分かりました。

(光にかざして透かしてみたけれど、それでも違いは殆ど分からなかった)

 

ただ、これは「油分がないキレイな状態の髪の毛」に染めたものなので、実際に利尻を使う場合は「髪の毛に皮脂汚れや外気の汚れがくっついている状態」になります。

そのため、今回使った人毛白髪よりも「若干染まりにくくなる」ことは確実なので、初めて利尻でヘアカラーするときは20~30分と長めに置いたほうがいいかなと思います。

2~3回目は1回目で染まっているので、10分程度でもぜんぜん問題ないですね。

利尻ヘアカラートリートメント 申し込みボタン

元美容師が利尻ヘアカラートリートメント4色を実際の白髪に染めてみました。

利尻はよく口コミで「染まらない・緑色になる・臭い」なんて言われていますが、読んでもらえれば『全て嘘』なことが分かります。

 

10分間でもキレイに染まって、髪の毛にうるおいを与えられる。

誰でも簡単に塗れて、キレイな仕上がりになる。

 

そんないい白髪染め用品、わたしは利尻しか知りません。

実験結果をみてから、利尻ヘアカラートリートメントを試してみませんか?

【利尻昆布】利尻ヘアカラートリートメントは染まる!使い方・口コミ評判!