【写真】利尻ヘアカラートリートメント・利尻カラーシャンプーは染まらない?

利尻ヘアカラートリートメント 染める 実験

読者さんから寄せられた「利尻ヘアカラーは本当に染まるの?」という質問にお答えさせていただいたものをまとめました。

公式サイトには載っていないよくある疑問にも回答しているので、購入時の参考にしてもらえれば幸いです^^

最初にこれだけは言わせていただくと「利尻ヘアカラートリートメント・利尻カラーシャンプー」はどちらもよく染まります!

実際に染めた写真をみれば「染まらないなんて嘘っぱちだったんだ」とよく分かるはずです。

もくじ

利尻ヘアカラートリートメント・利尻カラーシャンプーの全色で実際に染めてみた!

白髪染めトリートメント 人毛白髪の毛束

実際に利尻ヘアカラートリートメント・利尻カラーシャンプーを4色ずつ購入して100%人毛の白髪毛束に染めてみました。

インターネットで利尻商品は染まらないなんて言われることがありますが、色々染めて実験してみたら「一番よく染まるレベルで濃く染まる」と思っています。

 

利尻ヘアカラートリートメント

こちらは利尻ヘアカラートリートメント1回だけ染めた毛束で、乾いた髪に塗って30分置いて流したものです。

左から「ブラック・ダークブラウン・ライトブラウン・ナチュラルブラウン」と並んでいますが、通常のヘアカラーぐらい1度の毛染めでしっかり濃く染まっています。

染めている毛束は科学繊維ではなくて100%人毛の白髪毛束なので、自分の髪の毛に染めても同じぐらい染まるんですよね。

実際に染めてみるとこんなにしっかり染まるので、インターネット上のクチコミ「利尻は染まらない」なんてのは100%嘘なことが分かるんじゃないでしょうか。

⇒利尻ヘアカラートリートメントを試してみる

 

利尻カラーシャンプー 3回染め 利尻カラーシャンプー 7回染め

こちらはシャンプータイプの利尻カラーシャンプーで染めた毛束です。

上が3回染めたもの・下が7回染めたものになっていて、各置き時間なしで

  1. 毛束を濡らす
  2. 利尻カラーシャンプーを塗って揉み込んで泡立てる
  3. すぐに流す
  4. ドライヤーで乾かす

を繰り返して、実際に自分の頭に毎日使っているような状態と同じになるように染め実験してみました。

色の並び順は左から「ブラック・ダークブラウン・ナチュラルブラウン・ライトブラウン」と並んでいます。

 

白髪染めシャンプーは色々試して「全然染まらないなぁ・・・」と思っていたのですが、この利尻カラーシャンプーだけは少ない回数でしっかり白髪が隠れて、かなり使いやすい商品だなぁと思っています。

白髪染めトリートメントと違って「置き時間なし・普段のシャンプー代わりに使うだけでOK」なので、白髪染めしている感覚なしで簡単に毛染めができます。

⇒利尻カラーシャンプーを試してみる

利尻の白髪染め商品は「トリートメント・シャンプー」のどちらも使い勝手は良好!

利尻の公式サイトには「6年連続で売り上げ日本一」と書かれていましたが、購入して使うまでは「本当はそこまで良い商品じゃないんでしょ」と思っていました。

しかし買ってみて染めてみると、長い間売れ続けている理由がよく分かったんです。

さきほど画像にあった通りよく染まるのはもちろんのこと、染めた後は髪が潤ってサラサラの手触りになりました。

髪の毛は痛まないだけじゃなくて逆に綺麗になるので、「こんな白髪染め用品があったのか・・・」と良い意味で驚かされました。

 

利尻ヘアカラーはトリートメントタイプもシャンプータイプも、公式サイトから購入すると「1本1,000円割引」という太っ腹なキャンペーンが実施されています。

楽天やAmazonだと定価になりますが、公式サイトから買うと試しやすい良心価格で購入できますよ。

 

このページに来られた理由は「染まらないって本当かな?ちょっと使ってみるか迷ってるんだけど」という方が多いと思います。

そんなあなたに私が声を大にして言いたいのは、「本当はめっちゃよく染まるから実際に使ってみて欲しい」ということです。

ちゃんと染まって使い勝手のいい商品なので、染まらないなんて嘘っぱちのクチコミに騙されずに、まずは一度体験してみてください。

 

⇒1回でしっかり染める利尻ヘアカラートリートメント

⇒染めている感覚で楽ちんの利尻カラーシャンプー

利尻ヘアカラーと利尻シャンプーはどちらがよく染まりますか?

トリートメントタイプのほうが染まりは強いかなと感じます。

利尻シャンプーは「毎日のシャンプーに使うことで少しずつ染まるもの」で、トリートメントタイプと同じ「髪の毛表面に色素が定着して染まる」というメカニズムは同じですが、染料の濃さと洗浄成分が混ざっているという点に違いがあります。

ちゃんと染まったほしいなら、利尻ヘアカラートリートメントを使いましょう。

※個人的に、利尻シャンプーは「一気に白髪染めして周りにバレたくない男性」にオススメです。

「染まらない」「色落ちする」という口コミを多くみかけますが・・?

利尻ヘアカラートリートメント

安心してください、しっかり染まります。

上記は左から「ブラック・ダークブラウン・ライトブラウン・ナチュラルブラウン」で染めたもので、1回染めでも綺麗に濃く染まっています。(人毛白髪)

一つだけ注意点として、カラー展開が4色ありますが薬剤の持っている色以上に染まることはありません。

どんな色になってほしいかをあらかじめ確認しておいて、染め上がりをイメージしながら購入する色を選びましょう。

色落ちは正直あります、塩素が入ったプールなどに入るとけっこう色が抜けてしまいます。

大人の方であまり運動をしない日常生活を送るなら大丈夫ですが、「部活動」などの激しくて汗をかく運動をする学生さんだとちょっと色落ちに悩まされるかもしれません。

利尻ヘアカラートリートメント 申し込みボタン

トリートメントを変えるだけで徐々に白髪が染まっていくならとても楽でいいんじゃ?と思っています。

確かにすごく楽です、一度色がしっかり入ればいつも使っているトリートメントの代わりに利用するだけで白髪が染まった状態を保てます。

利尻ヘアカラートリートメントって安全ですか?安全に黒色に染めたいのですが・・

安全です、通常のヘアカラー剤のようなアレルギー物質や刺激物は入っていません。

無添加・天然色素で白髪染めしていくので、頭皮についても荒れることはほとんどありません。(植物アレルギーを除く)

ドラッグストアなどで販売されている黒染めには「ジアミン」などの強い薬剤が入っているので気を付けてください。

利尻ヘアカラートリートメントはレフィーネのようにカラーが色々ありますか?

rishiri-kounyu

4色展開になっていて、明るい順に

  • ライトブラウン
  • ナチュラルブラウン
  • ダークブラウン
  • ブラック

が販売されています。

レフィーネの「ローズブラウン」ほど赤みの強いカラーは販売されていないので、その色だけは他の商品のほうがいいですね。(利尻で一番赤みが強いのはライトブラウン)

利尻ヘアカラートリートメント 申し込みボタン

利尻ヘアカラートリートメントって生え際もしっかり染まりますか?

生え際もしっかり染まります、ただ根元付近は「頭皮に近いため皮脂で汚れている」ことが多く、カラー剤を弾くことがあります。

そのため、染める前日にしっかり頭皮を洗っておいて、利尻を塗るときは「頭皮につく感じ」で塗りましょう。(頭皮についても洗ったら取れる)

今明るめの茶色なのですが、利尻ヘアカラートリートメントのライトブラウンの色はどれくらい明るくなるのでしょうか?

rishiri-right-brown

利尻のライトブラウンは赤みのあるオレンジブラウンのような色になります。

ただ、黒髪には作用せずに白髪だけが染まるので、通常のカラー剤とは違うことを忘れないでください。

学生で髪染めがバレたくない、利尻の黒とかダークブラウンってどんな色?

rishiri-dark-brown

白髪にダークブラウンで染めると、光が当たったときにこげ茶色に見えます。

学校でヘアカラーが禁止されているのなら、利尻ヘアカラーであれば「ブラック」以外はオススメできません。

(ブラック)は男性でも使えますか?私は髪が黒いので茶色く仕上がらないか心配です。

rishiri-black

ブラックは色素が濃くて何度も重ねると黒色に仕上がるため、白髪が茶色くなって見た目が変になることはありません。

男性でも黒色なら気軽に使えるので、安心して大丈夫ですよ。

利尻ヘアカラートリートメントで徐々に白髪を染めていく事って出来ますか?

染めるときに2~3分置いてから流すようにすれば、それほど濃く染まらず、徐々に染まっていくような感じにはできます。

でも、利尻は10分程度置けばしっかり染まってくれるし、何度も染めるのは手間だとも思うので・・あまり気にしないである程度時間を置いたほうがいいかもしれません。

耳や顔の部分に液が付いてそのまま5分以上放置しておいた場合は、やはり皮膚も白髪同様に染まってしまい色が落ちないのでしょうか?

hand hand2

※ダークブラウンで10分間染めた後に、洗浄力の弱い泡石鹸で洗った手

いいえ、皮膚についた色は洗剤をつけてこすれば比較的簡単に落とせます。

強い化学反応を起こして色を発色させるわけではないので、仮に頭皮にべっちゃり液がついてしまっても問題ありません。

ただし、顔についたときはなるべく早く取ったほうがいいですね、こすると肌によくないですし(簡単に取れるけども一応)

毎日のシャンプーで頭皮までしっかり洗えていれば、特に頭皮の染まりを気にする必要はないと思います。

利尻ヘアカラートリートメント 申し込みボタン

利尻は頭皮にべっちゃりつけて染めるの?

よく見える顔回りや頭頂部の分け目はべっちゃりつけたほうがいいですね。

逆に、それ以外の箇所は根元付近までしっかり塗って、クシやブラシで梳かせば根元まで薬液がついて、根元の白髪もほどよく染まります。

頭皮にべっちゃり塗ってもシャンプーすれば取れますが、頭皮の健康を第一に考えるならベチャ塗りは避けたほうがいいかなと思います。(無添加だけど色素は入ってるし)

利尻ヘアカラートリートメントなどのヘアカラーはブラウンやダークブラウンなどの色を使ったとき、白髪だけでなく黒い髪もその色に染まりますか?

いいえ、利尻は「ヘアマニキュアタイプ」で髪の表面に色をくっつけるだけなので、黒髪はそのままで明るくなりません。

通常のヘアカラー剤は「髪のメラニン色素を抜いて明るくしてから、色を発色させて髪を明るくする」もので、脱色能力があります。

利尻は黒髪を脱色(ブリーチ)する成分は入っていないため、白髪だけを染めるものになります。

男の短髪なら何回くらいの使用で染まりますか?一本で何回ほど使えますか?

rishiri-black

1~2回染めれば「白髪が黒く染まっていると人から見て感じる状態」になるかなと思います。

上記は「人毛白髪に10分間ブラックで染めた毛束」ですが、十分黒くなってます。

ちなみに、髪が短くても長くても「必要回数」に変わりはありません。

利尻ヘアカラートリートメントは容量200mlで、短髪だと1回に30mlぐらい使うかなと思います。(量多めでしっかり塗った場合)

1本で6~7回使える計算になるので、週1回染めるなら利尻1本で1ヶ月半ほど持ちますね。

利尻ヘアカラートリートメントは髪が傷んだり、禿げの原因になったりしますか?

いいえ、髪が痛むことはありませんし、ハゲの原因にもなりません。

髪を痛ませる薬剤は含まれておらず、植物由来の天然色素で染めるため、髪にダメージを与えないで白髪が染められます。

また、頭皮に刺激を与える成分も含まれていないので、利尻を使ったヘアカラーでハゲる心配もありません。(ただし植物アレルギーの方は例外)

トリートメントとして使って洗い流すと書いてありますが、室内で塗ってその後シャンプーするんじゃダメですか?

それでもOKです、でも「濡れた髪・乾いた髪」のどちらでも染まり具合には違いがないので、液が垂れたりしても大丈夫なお風呂のほうが楽かなと思います。

ちなみに、利尻に含まれる保湿成分は「濡れた髪に塗ったほうが髪に入ってくれる」ので、特に不便がなければ濡れた髪に塗るようにしましょう。

 

そして「シャンプー」についてですが、染めた後にすぐシャンプーすることは辞めておきましょう。

色が吸着して間もない状態は、洗浄力の強いシャンプーで洗うと色落ちしてしまい、持ちが悪くなります。

水洗いでも2~3分しっかり洗えば色がついた汁が出てくることはありませんよー。

利尻ヘアカラートリートメントはかなり早く染まると聞いたのですが・・

利尻ヘアカラートリートメント

5分~10分程度の置き時間でもよく染まります、10分置いて染めた毛束が上記画像のものです。

ただ、より色持ちをよくしたいだったり、濃く染まってほしい場合は20~30分は置いたほうがいいかなと思います。

(色が入っている状態で、色落ちした分を足すような使い方なら短くてもOK)

利尻ヘアカラートリートメント 申し込みボタン

ダークブラウンを黒髪(光にあたったら茶色い)に使ったら黒くなりますか?

多少は暗くなりますが、黒まで濃く染まることはありません。

そもそも利尻ヘアカラートリートメントは「白髪に色を載せて染めるもの」なので、黒髪に染めるのはあまりオススメできません。

染料がそこまで濃くないため、光にあたったら茶色い「地毛が明るめの人」ぐらいであれば、ダークブラウンで染めてもそこまで変わらないかなと思います。

黒くしたいなら(ブラック)で染めましょう。

白髪がちょっと茶色になればいいなと思ってるんですが、3色のうちどれがいいですか?

rishiri-right-brown rishiri-color

※上がライトブラウン、下がナチュラルブラウンで白髪を染めたもの

髪の毛が染まりやすいなら「ライトブラウン・ナチュラルブラウン」のどちらかがオススメです。(黄みが好きか赤みが好きかによる)

自分で「髪が太いしクセも強いし、染まりにくいと感じる」のであれば、「ダークブラウン」で染めましょう。(下記の毛束)

rishiri-dark-brown

利尻ヘアカラートリートメントは「ヘアマニキュアタイプ」なので色落ちがあります。

そのため、「たまーに染めるぐらいで茶色が保ちやすいのがいい」なら、染料が濃い目のダークブラウンで染めるのが一番ですね。

明るい色を選ぶと、染める頻度が短くなって面倒くさいかもしれません。

利尻ヘアカラートリートメント 申し込みボタン

元美容師が利尻ヘアカラートリートメント4色を実際の白髪に染めてみました。

利尻はよく口コミで「染まらない・緑色になる・臭い」なんて言われていますが、読んでもらえれば『全て嘘』なことが分かります。

 

10分間でもキレイに染まって、髪の毛にうるおいを与えられる。

誰でも簡単に塗れて、キレイな仕上がりになる。

 

そんないい白髪染め用品、わたしは利尻しか知りません。

実験結果をみてから、利尻ヘアカラートリートメントを試してみませんか?

【利尻昆布】利尻ヘアカラートリートメントは染まる!使い方・口コミ評判!